がん免疫療法科・腫瘍内科/一般内科

東京早稲田クリニック -TOKYO WASEDA CLINIC-

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-1-1 メトロシティ西早稲田3Fアクセス
がん免疫療法科・腫瘍内科 完全予約制03-3207-0270 厚生労働省認可医療機関
一般内科 午前9時~12時/午後14時~17時30分 ※休診日:水・祝日03-6380-3608

対象となる方

術前の方

手術でがん細胞を切除する作業は「細心の注意を払って」もある意味ではがん細胞を撒き散らし、がんの転移の原因を作りかねないと考えられます。術前から活性化自己リンパ球療法を行い、体の免疫力を高めておく事で再発や転移の可能性を抑える事が出来ると考えられます。

術後・再発予防の方

免疫の仕組みは、肉眼では見えないような小さながんを見つけ出すのは得意なため、手術で取りきれたと考えられるが、再発の可能性がある、といった患者さんには再発予防のための治療として有効性が高いと考えられます。活性化自己リンパ球療法の効果がもっとも期待される場面です。実際、これまで行われた大規模な研究では、手術後の肝臓がんの再発予防に有効であったと報告されています。

進行がんの方

ある程度進行したがんでも、活性化自己リンパ球療法を治療に組み入れる事により、全体としての治療が奏功する率を上げる事が可能と考えられます。進行しきってしまって、手の施しようがないと言われた場合でも活性化自己リンパ球療法は可能です。このような場合、延命効果と QOL(生活の質)の向上、疼痛コントロールがしやすくなる事などの効果が期待できます。

GO TO TOP